家賃滞納のリスク|少ない資金でも大丈夫|駐車場経営で将来は安心

少ない資金でも大丈夫|駐車場経営で将来は安心

男女

家賃滞納のリスク

婦人

賃貸経営においてのリスクとしては、空室であることと家賃が滞納されるケースです。家賃滞納が発生した場合には、敷金をもとに弁済に充てたり、連帯保証人に弁済してもらうことになります。特に連帯保証人は賃貸経営を行う上で重要な存在ですが、核家族化や雇用の多様化などで連帯保証人を用意するのが難しくなってきています。そこで登場したのが家賃債務保証です。家賃債務保証では保証会社が保証料を受け取る代わりに連帯保証人となるもので、これによって家賃滞納された場合には保証会社が滞納した家賃をあらかじめ定められた分だけ弁済してくれます。このため借りる側にとっては連帯保証人を見つける必要がないといったメリットがあり、部屋を貸す側にとってもスムーズに弁済を受けられるメリットがあります。

家賃債務保証を利用する際の注意点としては、保証料と保証の範囲です。一般的に家賃債務保証では年間で1ヶ月分程度の家賃といったところですが、中には1ヶ月分と同等の家賃を設定しているところもあるなど、会社によっては掛かるコストが大幅に変わってきます。また保証の範囲も保証会社やその契約によって変わってきますし、いずれにしても滞納した家賃は借り主が保証会社に弁済しなければなりません。しかし、借りる側としては連帯保証人を見つける必要がないので、部屋を借りるための障害をひとつ取り除くことが可能ですし、また貸す側にとっても家賃滞納時の家賃未回収になるリスクを最小限に抑えることが可能できるためメリットの多いものといえます。