不動産経営の保証|少ない資金でも大丈夫|駐車場経営で将来は安心

少ない資金でも大丈夫|駐車場経営で将来は安心

男女

不動産経営の保証

住宅模型

家賃を確保したいなら

マンションやアパートの経営をするときに不安なのは、空き室リスクだけでなく家賃の支払いが滞ることです。満室になっていても家賃が支払われないと、収入が減少してしまいます。このために入居者には保証人をつけてもらうのが、従来の契約方式でした。しかし、最近では家賃保証会社に依頼したり、連帯保証人と家賃保証会社のダブルで支払いの担保をするケースが増えています。連帯保証人がなければ、入居契約をしないのが一般的でしたが、家賃保証会社の登場で、空き室リスクも家賃未払いも回避できるようになりました。ただし、利用に際しては大家から家賃保証会社に申し込んで、手続きしておく必要があるので詳細の確認をしておくことをお薦めします。

家賃以外の管理も重要

家賃保証会社を活用して、入居者を増やすことは可能です。しかし、この仕組みを利用するのは、高齢者や外国人の方が多いといわれます。予測される問題として高齢の方が室内でケガをしたり万が一のことが考えられるでしょう。さらに、日本語の得意ではない外国人なら、コミュニケーションの問題が発生します。このようなトラブルに対処するには、対応可能な管理会社との提携が必要でしょう。家賃の支払い関係であれば、家賃保証会社に依頼できます。その他に入居者と密な連絡や管理をしたいなら、大家自身だけでなく管理会社のサポートも活用した運用をするほうが、安全に収益をあげられるといえます。家賃保証会社のサポート内容や範囲、そして管理会社の守備範囲の兼ね合いを検討しておくと良いでしょう。